main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

朝鮮日報/2019/12/3 10:10
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/03/2019120380041.html

北からの「金剛山撤去要求」に「元山開発」を提案した韓国政府

 金剛山の南側(韓国)施設撤去と没収を明言した北朝鮮に対し、韓国政府は元山・葛麻地区問題の話し合いを提案したという。韓国統一部(省に相当)の金錬鉄(キム・ヨンチョル)長官は2日「元山・葛麻地区開発を提案したのか」との質問に「(元山・葛麻地区を含む)東海観光特区の共同開発は9・19南北合意に含まれている」としてこれを事実上認めた。金剛山に残る韓国国民の財産が撤去されかねない状況にもかかわらず、北朝鮮における別の開発事業に資金を提供する方法を考えているのだ。
 金正恩(キム・ジョンウン)氏は自らの出身地でもある元山・葛麻地区開発を偶像化に向けた治績にする考えを持っている。複数回にわたり現地を訪問して関係者を激励し、軍の兵士も数多く派遣した。今年4月完成を目標にしてきたが、国連制裁の影響で現状は計画通り進んでいないようだ。もちろん韓国が元山・葛麻地区開発に資金を提供する方法もない。金長官も「投資は制裁が緩和されて初めて可能だ」と述べた。それでも開発を提案した理由は、おそらく何としても北朝鮮制裁を揺るがし、南北共同のショーをやりたい考えしかないからだろう。
 金長官は「かつて金剛山の臨時宿泊施設だったが、現在は放置されている340個のコンテナは整備する必要がある。この点は(韓国の)事業者とも一致している」「放置された施設の整備を北朝鮮は撤去と理解する可能性はある」と述べた。金正恩氏は金剛山の韓国施設を「撤去せよ」と命じたが、これはあくまで「整備」ということだ。このような詭弁(きべん)を弄(ろう)するのを見ると、おそらく韓国国民を完全にばかにしているのだろう。金剛山地域は韓国企業が50年の独占開発契約を結び、施設建設には韓国政府も資金を提供した。その投資総額は1兆ウォン(現在のレートで約920億円)に上る。「汚らしい」という金正恩氏の一言で国民の財産権が否定されかねない状況にもかかわらず、この財産を保護するべき韓国政府がさらに一歩踏み込み、別の場所に資金を提供するというのだ。
 「北朝鮮に非核化の意志があると考えるか」との質問に金長官は「(非核化の)意志は交渉の前提条件ではない」と反論した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「金正恩氏の非核化の意志は確固としている」と主張し、米朝会談の仲裁を買って出た。しかし今は「非核化の意志がなくとも交渉は行う」とその言い分が変わった。「これまでうそをついてきた」と自白したようなものだ。


コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて