main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

中央日報/2018/12/6 16:10
http://japanese.joins.com/article/861/247861.html?servcode=100&sectcode=110

重なっていくだけの後進国型民生事故…早急に対策を=韓国

  「安全コリア」スローガンを語ることさえ恥ずかしい後進国型民生事故が相次いでいる。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が自ら「生活積弊清算」を注文したが、韓国社会は生活を脅かす各種「事故積弊」の陰から一歩も逃れられずにいる。
  一昨日の夜に京畿道高陽市(キョンギド・コヤンシ)の地下鉄3号線白石(ペクソク)駅付近の道路一帯で発生した熱輸送管破裂事故は安全不感症がもたらした民生事故の代表的事例だ。今回の事故は、先月暖房器具の過熱で7人の命を奪ったソウル鍾路区(チョンノグ)の考試院(コシウォン/受験生向けの格安宿所)火災惨事からまだ1カ月も経たたないうちに発生した。韓国地域暖房公社高陽支社が管理する850ミリの温水配管が破裂したことによって負傷した住民30人余りと夜中の熱供給が中断されて寒さに震えることになった2800世帯余りの物的・心的被害が小さくない。
  一番残念なのは事故地点を通過していた車を襲った100度の熱い高圧水爆弾で全身火傷を負って亡くなった60代市民ソンさんだ。結婚を控えた娘と将来の婿との食事を終えて帰宅する途中で悲惨な事故に巻き込まれたということで遺族の悲痛な心境はどれほどだろうか。消防当局や警察などの推定通り、27年前に設置された配管の老朽化または地盤沈下に伴う破裂が事故原因ならば今回の事故は人災だ。このような老朽化を知らないはずのない暖房公社が事前点検を実施して最小限の措置さえ取っていれば防げた事故ではないだろうか。事故発生3時間余りで近くの住民センターで開かれた状況報告会でファン・チャンファ社長が笑顔を浮かべていた安易な態度も国民感情とはかけ離れている。
  止まらない鉄道・通信など国家基幹網の関連事件・事故は安全に対する不安を増幅させる。先月だけでKTX列車関連事故が6件も発生していて、不安で汽車に乗れるだろうか。KTアヒョン支社通信区の火災からも分かるようにこのような事故はややもすると大型惨事につながりかねない。政府は初心に返って危険要素の総点検と予防に取り組んでほしい。


コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて