main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

朝鮮日報/2017/7/17 12:10
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/17/2017071701097.html

荒唐無稽な主張で原子力に対する恐怖心をあおるキム・イクチュン教授

 「大統領選挙で文在寅(ムン・ジェイン)候補陣営に加わって脱原発公約を作った」と主張するキム・イクチュン東国大学医学部教授(微生物学)は先週、高校生の前で「脱核講義」(反核講義)をしたが、この講義内容は荒唐無稽(むけい)としか言いようがないものだ。同教授は「(2011年の福島原発事故で)日本の領土の70%が汚染された。日本では白内障・狭心症・脳出血・肺がんなどが事故前に比べて200%-300%と増加した」と言った。また、「11年以降の4年間で、日本では通常よりも死亡者数が60万人増えた。放射能のせいだということを立証したい」「今後300年間はすべての日本産食品や北太平洋産水産物を食べてはならない。今夜遺言書を作り、今後10世代にわたり(食べてはならないと)伝えなければならない」とも言った。キム・イクチュン教授は09年から全国各地を回り、1200回もこうした反核講義をし、原子力安全委員会委員になり、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が見た昨年公開の原発災害映画『パンドラ』総括諮問を務めたという。
 キム・イクチュン教授のほかの講義録には、「日本人のうち100万人以上ががん・奇形児出産を経験するだろうという予測もある」「福島原発の圧力容器の底を突き抜けた燃料が地球の中心に向かって下がり続けている」と書いてある。だが、その一方で北朝鮮の核実験については、「放射能が検出されていない。このようにするのが正しい」と大きな問題はないかのように受け流している。
 キム・イクチュン教授の専門分野は微生物学だ。原子力エネルギーや放射能被害については研究したことがない。どこから持ち出してきたのかすら分からない数字で原子力に対する恐怖心をあおり、まき散らす人物に「脱原発」というとてつもなく大きな政策の変更を任せたことになる。


コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて