main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

富山新聞/2020/5/28 4:05
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/_syasetu/syasetu.htm?休業要請解除 需要と消費喚起の施策を

休業要請解除/需要と消費喚起の施策を

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、石川県が休業要請していたカラオケボックスなど10業種について、6月1日から全面的に解除される見通しとなった。富山県は一足早く、29日から県民への外出自粛や休業要請を全面解除する方針である。
 県境をまたぐ移動の自粛も来月から緩和され、19日以降は首都圏や北海道を含めた広域移動が可能になる。これに伴い、大打撃を受けた観光や飲食、イベントを支援する国の一大キャンペーンがスタートするが、自治体単位でも需要や消費喚起を手助けできないか。
 営業を再開しても客足はすぐには戻らない。国のキャンペーンは7月下旬からで、経営的には厳しい状況がしばらく続く。富山県では南砺市や黒部市、滑川市、氷見市、石川県では加賀市、かほく市、羽咋市、津幡町などが地域商品券の支給を計画している。苦しい時期に、地元客が地元の事業者を応援する取り組みを広げたい。
 国は第1次補正で「Go To キャンペーン」に1・7兆円の巨額予算を計上した。1人当たり最大1泊2万円まで代金の半額を補助し、飲食店や土産物店、観光施設で使えるクーポンを提供する。
 飲食では最大1人当たり1000円のポイント付与や2割相当を割り引く食事券の発行、イベントは2割相当の割り引きかクーポンの付与が検討されている。成立時にさんざんたたかれた政策だが、早めに打った布石が生きる局面が出てきた。
 欧米でも徐々に都市封鎖が緩和され、経済活動が動き出している。スペインは6月下旬に国内旅行を解禁し、7月には海外から旅行客を受け入れる方針という。
 休業要請が最後に解除されるカラオケボックス、ライブハウス、キャバレーやナイトクラブなど接待を伴う飲食店は、全国的にクラスター(感染者集団)が発生した施設であり、他業種より休業が長引いたのはやむを得ない。
 日常を取り戻す動きが加速してきたのは喜ばしい。感染防止を最優先にした行動を継続しながらも、感染対策と経済復興の両立を目指す「新たな日常」を模索していきたい。


コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて