main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

陸奥新報/2020/5/23 10:05
http://www.mutusinpou.co.jp/index.php?cat=2&宿泊施設への支援「地域文化守るためにも必要だ」

宿泊施設への支援「地域文化守るためにも必要だ」

 新型コロナウイルスの感染拡大で、飲食業界とともにとりわけ大きな打撃を受けているのが宿泊業界だろう。県内でもホテル、旅館などが休業を強いられており、自治体などがさまざまな支援策を打ち出している。その中で、自力で経営立て直しに挑む施設も見られている。
 岩木山麓の嶽温泉山のホテル(弘前市)も休業で経営難に陥り、インターネットで資金を調達する「クラウドファンディング」を始めた。同ホテルには毎年春、弘前さくらまつりや岩木山麓のオオヤマザクラを目当てに観光客が訪れる。春の収入は経営の基盤となっているため、この時期の休業は死活問題となる。
 経営する家族によると、新型ウイルスの収束が見通せないため、経営を継続できるか不安に思ったこともあったようだが、思い切って挑戦。すると、県内外から支援が集まり始めているという。支援とともに多くのメッセージが寄せられており、その内容が興味深い。
 「自分もつらいが何とか頑張ってほしい」といった声をはじめ、同ホテルが人気の食事「マタギ飯」を提供していることから、「マタギ飯は青森県の文化の一つ」といった励ましの言葉も届いたという。マタギ飯は地元に根付くマタギ文化が反映されており、届いたメッセージの通り立派な文化である。宿泊客は、マタギたちが好んだ山菜入りの混ぜご飯を食べながら、地元の文化に思いをはせているのではないか。
 宿泊施設と地元の文化が深い関わりを持っている地域は数多く見られる。例えば、黒石市の黒石温泉郷もその一つだろう。同温泉郷はもともと湯治場として栄えた。湯治の文化が今も色濃く残っており、共同浴場を中心に客舎が取り囲む典型的な湯治場の街並みを見ることができる。
 黒石温泉郷の各宿泊施設も休業を余儀なくされ、6月まで営業を再開しないところもあるという。同温泉郷には板留、青荷、落合、温湯という四つの温泉があり、それぞれエリアとして個性を持っている。しかし、地元の宿泊施設が仮に経営難に陥ってしまえば、湯治の文化が受け継がれていくことも難しくなるように思う。
 こうして考えれば、宿泊施設は単に「観光客が泊まる施設」なのでなく、地元の文化を伝え、発信していく働きも併せ持っていると言ってもよいのではないか。各地の宿泊施設を支援することは、地域の文化を守ることにもつながる。だからこそ、山のホテルにも、思いの詰まったメッセージが数多く寄せられているのだろう。
 今回のコロナ禍は経済に大きな打撃を与えているが、地域の文化にとっても打撃となっていると捉えてみれば、支援に関心を示す人も増え、その輪もより大きなものとなっていくのではないか。


コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて