main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

福島民友/2019/12/26 10:05
https://www.minyu-net.com/shasetsu/shasetsu/FM20191226-445892.php

インフル注意報/一人一人感染防ぐ心掛けを

 県内のインフルエンザの患者数が注意報レベルの1医療機関当たり10人を超えた。今後さらに流行が拡大していく可能性がある。
 県によると、今シーズンは注意報レベルとなったのが過去10年で最も早い。16~22日の患者数は前年同期の10倍超の2172人に上る。現在は冬休みに入ったものの、公立小中学校、高校の学級閉鎖は20日現在で15校の20学級あった。
 インフルエンザは、感染力が強く、38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの症状が出る。子どもはインフルエンザから急性脳症、高齢者は肺炎などが重症化する恐れがある。自分自身に加え、家族など周囲の人も感染しないよう、注意を促し合うことが大切だ。
 インフルエンザは接触や、人のせきやくしゃみ、会話中のしぶきなどを通じて感染する。ウイルスはドアノブやつり革にも付着しており、手を通じて、口に入る可能性がある。手洗いをまめに行うことが予防の基本だ。空気が乾燥すると、気道粘膜のウイルスを防ぐ機能が低下する。室内の湿度を50~60%に保つよう心掛けたい。
 年末年始は外出や人が集まる機会が増える。マスク着用で、ウイルスから身を守ることが大切だ。
 インフルエンザは体の抵抗力が落ちると発症しやすくなる。正月休みは生活サイクルが乱れがちになる。十分な睡眠、バランスの取れた食事を取るよう、普段以上に注意を払うことが求められる。
 ワクチン接種は、発症した際の重症化を防ぐ効果が期待できる。ワクチン接種から免疫ができるまでには3週間程度かかる。流行が例年より早いため、ワクチンの接種を早めに済ませたほうが良い。
 65歳以上の人は発症すると重症化しやすいため、接種費用の補助が受けられるようになっている。各市町村などで確認して接種を受けるようにしてほしい。
 厚生労働省によると、インフルエンザのワクチンは、麻疹や風疹のワクチンに比べ、発症を抑える効果は限定的とされる。ワクチンを接種した場合も、感染を防ぐ対策は徹底したい。
 インフルエンザとみられる症状が出た場合は、治療に加え、感染を広げないことが重要だ。早めに医療機関を受診し、感染が分かったら、不要な外出や登校、出勤を避けなければならない。
 インフルエンザにかかった未成年者が、薬の服用にかかわらず、急に走りだすなどの異常行動を起こす事例がある。自宅で療養する場合、治療開始から少なくとも2日間は、未成年者が一人にならないよう注意が必要だ。


コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて