main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

富山新聞/2019/8/14 2:06
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/_syasetu/syasetu.htm?「原子力ミサイル」 核軍縮の枠組み崩壊懸念

「原子力ミサイル」/核軍縮の枠組み崩壊懸念

 ロシア北部で起きたミサイル実験に伴う爆発事故は、原子力利用の新型兵器開発に関連した事故であることが確実になった。
 実験に関与したロシア国営原子力企業ロスアトムの専門家が、小型原子炉開発に関連した事故であると言っていることから、米政府は、原子力推進式ミサイル「ブレベスニク」の失敗による事故とみている。
 米ロの中距離核戦力(INF)廃棄条約は8月2日に失効し、残された核軍縮の枠組みである新戦略兵器削減条約(新START)の延長に焦点が移っている。米ロ首脳は6月のG20大阪サミットでの会談で、2021年が期限の新STARTの延長協議を進めることで合意したが、先行きはまったく不透明である。
 ロシアの「原子力ミサイル」開発が、核軍拡競争を刺激し、米ロの核軍縮体制が完全に崩壊する懸念も募る。米ロは核大国の責任として、少なくとも新STARTを堅持しなければならない。そうでなければ、北朝鮮の核廃棄も、中国を含む核軍縮の枠組みづくりも説得力を持たなくなる。
 ロシアのプーチン大統領は昨年3月に行った年次報告演説で、米国のミサイル防衛(MD)網での迎撃が困難な大陸間弾道ミサイル(ICBM)や、原子力エネルギーで飛行する巡航ミサイル、原子力を動力源とする核弾頭搭載可能な無人潜水艦などの開発に成功したと発表した。
 ロシアの核戦力の無力化を狙う米国のMD網に対抗するためという。ブレベスニクと名付けられた超長射程の原子力巡航ミサイルは、複雑な経路の飛行が可能であり、MD網で捕捉するのが難しいとされる。米国防総省はこれまで「まだ開発段階」と否定的な見解を示してきたが、今回の爆発事故で、ロシアが重要な国防計画として原子力ミサイルの開発を進めていることが明確になった。
 爆発事故で近隣市の放射線量が一時的に上昇したと伝えられる。原子力ミサイルは核を搭載しなくとも、撃墜されると、放射性物質をまき散らす「汚い爆弾」と化す恐ろしさを示している。


コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて