main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

陸奥新報/2019/8/9 10:06
http://www.mutusinpou.co.jp/index.php?cat=2&弘前ねぷた閉幕「祭りと街の認知度高める契機」

弘前ねぷた閉幕「祭りと街の認知度高める契機」

 弘前ねぷたまつりが7日、なぬか日の午前合同運行で幕を閉じた。会期中の人出は168万人で、過去10年間で見ると2007年、16年と並ぶ2位タイ。7日間を通じて大きなトラブルもなく、津軽の“熱い夏”が去った。
 会期中は連日、真夏日を記録し、ねぷたの大敵である降雨や強風もない最高の天気に恵まれた。まつり本部の人出集計によると、夜間運行日のほとんどが25万人以上で推移。最多は駅前運行初日の5日で、平日にもかかわらず32万人を記録した。土手町運行は週末に当たるため、当初から盛況が予想された3日の30万人が最多。この結果、なぬか日までの合計は昨年を8万人上回った。
 市観光課の粟嶋博美課長は、令和のスタート、本県初の市として弘前が誕生してから130周年という二つの節目が祭りの盛り上げに一役買ったとするとともに、関係団体が安全な祭り運営に対する意識を共有したことで「安全で楽しい祭りにできた」と総括した。
 比較的自由度のある他地域のねぷた・ねぶたと違い、歴史と伝統を重んじてきた弘前ねぷたまつり。その中で弘前さくらまつり公式応援キャラクターに採用し話題となった「桜ミク」とねぷたをコラボレーションさせる初めての試みを企画した。桜ミクをモチーフにした前灯籠・前ねぷたのコンテストがそれだ。弘前観光コンベンション協会の白戸大吾事務局長によると、桜ミク目当ての観光客が見られ、SNS(インターネット交流サイト)投稿も多数あったという。統制の取れた運行隊形と迫力あるねぷた絵、勇壮かつ哀愁も感じさせる囃子(はやし)が織り成す城下の祭りを楽しみたい層を満足させつつ、ミクファンという異なる層を呼び込むことができたようだ。
 弘前ねぷたが重要視する「伝統」の言葉からは、変革を寄せ付けない閉鎖的イメージを感じる。しかし、日本を代表する春祭りである弘前さくらまつりに続き、歴史ある夏祭りに若い世代に人気のキャラクターを用いた柔軟さは、実は弘前らしさかもしれない。かつて仙台、盛岡に次ぐ東北第3の都市規模を誇り、東北初のデパートを有した弘前には、新しい物好きの市民性があると言われる。厳格な基準のない前灯籠・前ねぷたであれば伝統を崩すことなく、新たな話題をつくることが可能で、現代版口コミと言えるSNSによる効果的PRも促せる。
 弘前ねぷたまつりと、訪日客も注目する青森ねぶた祭を比べると、ともに国の重要無形民俗文化財でありながら知名度で劣るのは否めない。新たな層への働き掛けは、両祭りの知名度の差を少しでも縮めるための一助となったのではないだろうか。欲を言えば祭りをきっかけに移住促進を目指したいが、弘前を知らなかった人に認知してもらえたのであれば、今年の祭りは成功と言っていい。


コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて