main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

富山新聞/2019/8/4 2:06
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/_syasetu/syasetu.htm?合掌造り集落発信 演劇の祭典との相乗効果を

合掌造り集落発信/演劇の祭典との相乗効果を

 南砺市五箇山の世界遺産・合掌造り集落で、冬季宿泊を可能にする改修に乗り出したり、散策マップを更新して見どころに厚みを加えるなど、遺産の魅力を多彩に発信する取り組みが動き出した。
 今月末から、同市利賀村で世界の演劇人が集うシアター・オリンピックスが開催される。来年6月には五箇山を東京五輪の聖火リレーが走り抜ける。世界遺産の価値をアピールする好機が相次ぐだけに、相乗効果を生かす上でも、来訪者が四季を通して楽しめる環境を整えておきたい。
 五箇山の合掌造り集落では、外国人観光客が増加しており、相倉の和紙漉(す)き体験館では、初年度の2013年度の764人から、昨年度は約3倍に増加し、ことしはイスラエルの団体ツアーも受け入れた。菅沼の五箇山合掌の里では昨年度の観光客の4割が外国人客となった。世界遺産の中の一味違った体験型観光が、旅の希少性を求める国内外の旅行通に徐々に認知されてきたと言える。
 こうした状況を受けて、五箇山合掌の里では、古民家の宿泊棟2棟を断熱改修して冬季でも営業できるようにし、旅行会社などと共同で、外国人観光客に対応した旅行商品の開発や地元の農業を生かした体験プランを企画する。
 相倉合掌造り集落の保存財団は観光客に贈る散策マップを3年ぶりに更新し、小高い場所から眺望を楽しめるスポットを記載したほか、問い合わせの多い棚田の農作業や祭礼の時期を紹介するなどして、英語版も配布を開始した。
 8月23日から約1カ月間、南砺市利賀村と黒部市で開催されるシアター・オリンピックスには、世界の16カ国・地域から演劇人が参加し、30作品の上演が予定されている。利賀村の会場には、金沢からの観劇バスツアーも実施され、相倉の合掌造り集落の散策も日程に組み込まれている。
 現代演劇の先端を行く舞台と、深い山あいに残る特異な伝統建築との取り合わせは、刺激的な異文化体験になるに違いない。五箇山の世界遺産の認知度を一段と広げる意味でも、南砺市の官民を挙げて環境整備に力を入れたい。


コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて