main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

陸奥新報/2019/7/5 10:05
http://www.mutusinpou.co.jp/index.php?cat=2&参院選公示「有権者自ら訴え見極め判断を」

参院選公示「有権者自ら訴え見極め判断を」

 第25回参院選が4日、公示された。今回の改選議席数は選挙区74、比例代表50の計124。与党が「政治の安定」を掲げて改選議席の過半数確保を目指す一方で、野党は全国32の改選1人区すべてに統一候補を擁立し対抗。21日の投開票日に向けて、17日間にわたり舌戦を展開する。
 10月に予定される消費税率10%への引き上げの是非や、金融庁審議会の報告書で老後に公的年金以外に2000万円の蓄えが必要とされた問題など、国民生活に大きく関わる課題が争点となりそうだ。それだけに、各候補者は自らの主張を有権者に分かりやすく訴えてもらいたい。有権者も現在の暮らしにとって、また将来を見据えたとき、どのような政策が必要なのかをしっかり考え、候補者の訴えを見極めて一票を投じてほしい。
 全国では選挙区215人、比例代表155人の計370人が立候補を届け出た。選挙区は各党別に見ると、自民が49人、公明7人、立憲民主20人、国民民主が14人、共産が14人、日本維新の会が8人、社民3人、諸派69人、無所属31人。比例は前回より多い13の政党・政治団体が候補者名簿を届け出た。内訳は自民33人、公明17人、立憲22人、国民14人、共産26人、維新14人、社民4人など。
 本県選挙区(定数1)では、政治団体「NHKから国民を守る党」から元国会議員私設秘書の小山日奈子(53)=東京都在住=、自民現職で再選を目指す滝沢求(60)=公明推薦=、立憲新人で野党統一候補となる弁護士小田切達(61)=社民推薦=の現新3氏が立候補した。
 本県選挙区は、2016年の前回選で通算3期務めた自民現職を、衆院議員経験がある野党統一候補の新人が一騎打ちで破った経緯がある。今回も自民現職の滝沢候補と野党統一候補の小田切候補による事実上の一騎打ち。戦いの構図は前回選同様となるだけに、滝沢候補陣営は厳しい選挙戦を懸念し態勢固めに万全を期す一方、小田切候補陣営は3年前の再現を狙い野党による総力戦で議席獲得を目指す構えだ。
 滝沢候補は「政策のさらなる推進には安定した政治基盤が必要」と継続を訴える一方で、小田切候補は「政策の転換で貧困や格差を是正する」などと訴える。
 有権者は、生活の安定と向上などの実現に少しでも役立つと考えられる政策を訴える候補者に一票を投じたいと思うはずだ。そのためには、政党や候補者の訴えを見極め、判断する必要があろう。
 全国的に、いつの時代も政治の世界では、政治家自身の不謹慎かつ世間離れした言動や数の論理、カネといった問題が相次ぎ、政治不信を招いてきた。それが昨今の抵投票率の一因にもなっている。各候補者には投票率向上に向けて、政治への信頼と有権者の関心を高める努力も求めたい。


コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて