main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

富山新聞/2019/4/16 2:05
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/_syasetu/syasetu.htm?JDI中台傘下に 石川の拠点で人材活用を

JDI中台傘下に/石川の拠点で人材活用を

 中小型液晶パネルのジャパンディスプレイ(JDI)は中国と台湾の企業連合から出資を受けることで合意した。国内3社の液晶事業を統合して発足した「日の丸連合」は政府の後ろ盾があっても業績低迷から抜け出せず、中台連合の傘下に入る。
 JDIは石川県で白山工場(白山市)と石川工場(川北町)を稼働している。競争激化と需要減少で悪化した資金繰りに改善のめどはついたとしても、気掛かりになるのは生産拠点の行方である。実際に月崎義幸社長は資本増強の発表で「国内拠点の統廃合も視野に入れている」と述べている。
 JDIは石川県のほかに千葉、愛知、鳥取の各県に計5工場を持っている。このうち白山市の白山工場は1700億円を投じて2年半ほど前に稼働したばかりで、スマートフォン向けの新型液晶パネルを生産している。川北町の石川工場は車載向けの生産拠点として、仏企業との協業で自動運転車に使うディスプレーの製造を手掛けることになっている。
 石川県の2工場には経験を積んだ社員と優れた技術が集まっていると受け止めたい。良質な水を豊富に確保できる利点もある。今後も2工場がJDIの再建に欠かせない拠点として維持されることを期待したい。北陸で大事な人材を積極的に活用して競争力を回復する流れにならないだろうか。
 今回の総額1170億円の資本増強で、中国と台湾の企業連合は800億円を支援する。出資比率は6割超まで拡大できる仕組みになっており、再建に向けた具体策は政府系ファンドのINCJ(旧産業革新機構)に代わって筆頭株主となる中台連合の意向に左右されるのだろう。
 中台連合はJDIに対する出資で新株を1株当たり50円で引き受けるという。公開価格の900円を大きく下回るまで評価が落ちる展開は、官民ファンドの支援や県など地元自治体の助成を受けた経緯を考えると、割り切れなさが残るが、事態は刻々と動いている。
 今後は投資効率を高めるために、これまでの経緯にとらわれないような構造改革が実行される可能性も出てくるだろう。県は動向を注視する必要がある。


コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて