main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

名寄新聞/2019/1/22 20:05
http://www.nayoro-np.com/kankodori/2019-01-22.html

円滑な進行

「時間をかけるべきこと」と「時間をかけないほうが良いこと」がある▲人口減少が進み、一人一人の地域社会や仕事での役割が増える中、限られた時間を有効に使って、心のゆとりを持ちながら、本質的な課題解決への実践へ、時間をかけたいところ▲誰もが取り残されないまちづくりを目指すには、誰もが参加しやすい場づくりが重要で、その方法の一つは、可能な限り短時間で行うことではないか▲人の集中力は、大人で45分程度、子どもで30分程度、最長でも90分だそう。1時間程度で尿意を感じる人もいるので、そう考えると「勉強会」「意見交換会」といった催しは、1時間程度で終わるのが理想▲説明や挨拶はなるべく短く要点をまとめて行い、議論を深めることに時間をかけることが大切だろう。出席者や傍聴者に事前資料を配り、当日は資料で分からない点に関して質問を設ければ、説明は十分な気がする。一方的に聞くだけの時間が長くなると、本題前に集中力が途切れかねない▲議論を深める場合も、同じ人の発言が続かないように工夫が必要。質問も意見も答弁も、言いたいことや結論を最初に述べ、聞かれたことをその都度補足していけば、円滑に進むのではないか▲近年勉強会が多い下川。多くの人が共有できるよう、気軽に参加できる場を期待したい。

コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて