main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

富山新聞/2019/1/12 2:05
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/_syasetu/syasetu.htm?ライチョウ公開 保護の機運盛り上げたい

ライチョウ公開/保護の機運盛り上げたい

 富山市ファミリーパークや能美市のいしかわ動物園で飼育されている国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」が、年度内に一般公開されることになった。地元県民らに、増殖事業の成果を間近で感じ取ってもらうことで、市民レベルで保護への機運を盛り上げたい。
 一般公開は、環境省が進める保護増殖事業の一環で、飼育に取り組む国内5施設で行われる。北陸では、2015年度から富山市ファミリーパークで飼育が始まり、現在は雄8羽、雌3羽を育てている。新年度は2組による繁殖活動(ペアリング)に取り組む。
 いしかわ動物園でも17年度から飼育に取り組み、現在雄3羽、雌1羽を飼っている。同動物園では年度内に新たに雄1羽がファミリーパークから移される予定で、新年度には上野動物園から移した雌との初のペアリングに挑む。
 課題を一つずつ解決していく上で、県民の関心の高まりも重要な要素である。公開にあたり各施設では環境省などと個体や数を詰めるが、生育環境に配慮しながら、できる限り臨場感のある公開の場を設定してほしい。
 環境省は新年度予算案に、ニホンライチョウやトキなど希少種の保護推進費として18年度当初予算比7400万円増の7億6千万円を計上した。これとは別にファミリーパークなどが中心となって一昨年末に全国初の「ライチョウ基金」を設け、クラウドファンディング方式で協力を募ったところ、昨年2月末までの期間中、目標の1千万円を大きく上回る2千6百万円余が集まったという。
 こうした独自の手法を取り入れて、飼育環境整備を図る支援を今後も考えていきたい。そんな支援に向けた手応えを得るためにも、公開を契機に保護活動の認知度を高めたい。昨年夏、北アルプスで一般登山者がライチョウのひなをつかんでいる写真を公開した。法律違反であるかどうかを問う前に、貴重な野生種との接し方の点で問題だろう。ライチョウが北陸の高山帯をたくましく飛び交うことができるように、公開を通して人間のマナー向上も啓発したい。


コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて