main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

名寄新聞/2018/12/6 20:06
http://www.nayoro-np.com/kankodori/2018-12-06.html

深化と進化

「ポケットベルのサービスが終了」との報道を目にし、懐かしさを感じた。約20年前までは本社でもサービスを利用していたもので、電子機器の進化スピードをあらためて実感させられた▲ポケットベル(通称・ポケベル)は、電波で小型の液晶端末にデータを送信するもので、特定の番号に電話をするとメッセージが送れる無線呼び出しサービス▲1968年に日本電信電話公社が開始し、96年には契約数が1千万件を超え、平成当初を象徴した電子機器。また、数字の語呂合わせでメッセージを送るなど、若者のコミュニケーションツールとしても人気を集めた▲だが、携帯電話やスマートフォンなどの普及により、契約者が減少。加えて、全国利用者が1500人を切る状況となったため、全国で唯一サービスを展開していた東京テレメッセージが、来年9月末でサービスを終了することを発表。約50年の歴史に幕を下ろすこととなり、現在も利用されている人たちにとっては残念な発表だ▲一方で、ポケベルに代わって進化を続けているのがスマホだ。驚くべきスピードで進化を続けており、毎年、携帯電話会社が新機種を次々の発売している。インターネット関連も含めて電子機器の深化と進化はどこまで続き、ゴールはあるのだろうか。

コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて