main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

デーリー東北/2018/12/2 10:05
http://www.daily-tohoku.co.jp/jihyo/jihyo.html?観光と融合の新競技/地域活性化へ定着期待(12月2日)

観光と融合の新競技/地域活性化へ定着期待

 制限時間内に多くの観光スポットを巡り、得点を競う新競技が全国各地で盛り上がりを見せている。運動による健康増進効果に加え、土地の観光を一緒に楽しめるのが魅力。青森県南地方でも今秋初めて開催されており、地域活性化と同時に、新たな誘客イベントとして定着を期待したい。
 五戸町では、「フォトロゲ」という競技の大会が行われた。地域振興事業の一環で町商工会青年部が主催した。神社や店舗などをチェックポイントとして活用し、それぞれ得点を設定し、家族連れらのチームが訪れた合計点を競うルールだ。
 チェックポイントでは通過証明のために写真を撮影する。参加者が写真を会員制交流サイト(SNS)に投稿しやすく、主催者側にも、情報の拡散で地域を宣伝できる効果もある。
 地元の参加者からも「思いがけない発見があった」と好評で、青年部は来年度も開催する方針。全国には各地のフォトロゲに出場を続けるファンもいるだけに、情報発信でさらなる誘客につながる可能性もある。
 ただ、同じ時期の開催や内容が続くとマンネリ化しかねない。春夏秋冬で開催時期を変えるなどし、四季折々の町の姿を見せても面白いのではないか。テーマを設けても良いだろう。各地の大会では、災害の記憶を風化させないようにと、遺構などを巡り、防災教育に活用している事例もある。
 階上町の大蛇漁港を発着点にした、「シクログ」という競技のイベントも開かれた。オリエンテーリング形式の自転車競技で、スマートフォン向けの専用アプリを活用し、撮影した写真をSNSに投稿して得点を集める仕組みだ。
 八戸学院大の研究室と都内の民間企業が連携して初めて実施。同大自転車競技部の学生らが参加し、同町の階上岳や八戸市の種差海岸などのコースを自由に巡った。
 一帯は三陸復興国立公園に指定され、岩礁や砂浜、草花など「SNS映え」する豊かな自然環境を満喫できる風光明媚(めいび)な場所が多い。広く移動できる自転車との相性も良さそうだ。
 従来の見るばかりの観光とは異なり、運動を融合させたイベントは、地域イメージや知名度の向上、魅力発信につながり、工夫次第で誘客に弾みがつく。
 SNSとの組み合わせによる発信で、若者にも訴えやすいのではないか。関係者は観光スポットやコースの検討を重ね、さらに魅力を高める努力をしてほしい。


コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて