main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

名寄新聞/2018/11/25 20:05
http://www.nayoro-np.com/kankodori/2018-11-25.html

惨めな経営者

東京地検特捜部は19日、報酬額を実際より少ない金額で有価証券報告書に記載したとして、日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者と、同社代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)で逮捕。大企業トップが検挙されたことに衝撃が走っている▲特捜部では、2人が共謀し、ゴーン容疑者の2010年度から14年度までの報酬額が合計99億9800万円だったのに、50億円ほど少ない49億8700万円で記載した虚偽の有価証券報告書を作成したとみている▲一方、日産では、ゴーン容疑者が同社の資金を私的に流用する不正に関わっていたとして、会長職などの解任を取締役会に提案することを発表した▲ゴーン容疑者は高額な報酬を受け取っていると知られ、同社が公表した金額で10年度9億8200万円、11年度9億8700万円、12年度9億8800万円、13年度9億9500万円、14年度10億3500万円(ここまで虚偽)、15年度10億7100万円、16年度10億9800万円、17年度は7億3500万円。株主総会などで「報酬が高過ぎる」と強い批判を受けていた▲ゴーン容疑者のように、金銭に執着する経営者の末路は惨めであり、全てのものを失うだろう。日産だけでなく、もっと他にもいるかもしれない。

コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて