main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

京都新聞/2018/10/11 10:05
https://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/20181011_3.html

豊洲市場開業/時代に合った新業態を

 東京都の中央卸売市場・築地市場(中央区)が先週、閉場した。代わって、きょうから移転先の豊洲市場(江東区)が開業する。
 築地の施設老朽化に伴う移転であるが、長年、賛否両論が行き交った。その末の開業だけに、大きな成果を挙げてもらいたい。
 豊洲では建物下の盛り土がなく、有害物質が検出されたこともあって、開業が当初の予定より2年も遅れた。食品を扱う施設として今後、安全・衛生面には万全の構えで対応すべきだ。
 83年の歴史がある築地は、世界でも有数の規模を誇り、「日本の台所」とされた。近年は観光スポットとしても注目され、大勢の外国人旅行客が訪れている。
 豊洲にも、同様の役割が期待されるのではないか。
 中央卸売市場は戦前、生鮮食料品が広く適正な価格で取引されるよう、各地で整備された。
 築地は、水産物約480種類、青果物約270種類を扱い、1日に4万人以上が出入りした。1980年代のピーク時には水産物取扱量が年間約80万トンもあったが、最近は半減しているという。
 産地からスーパーなど大型量販店への直販や、インターネット取引の拡大で、国内の食品流通のあり方が大きく変化したからだ。
 法改正によって、産地から卸、仲卸、市場外の業者の順番で流通するルールが緩和され、民営も可能となる。
 これらの影響で、全国的に中央卸売市場の統廃合も進む。時代の流れに合わせた新たな業態が、求められよう。
 豊洲の関係者らは、移転を販路の拡大や海外展開のチャンスとも捉えている。
 老朽化の著しかった築地は、外気が入ってくるのを防げなかったが、最新施設の豊洲は「閉鎖型」の施設となる。
 各工程で、鮮度を保つ低温の維持にも対応する。
 これによって、欧米への生鮮品の輸出に必要な食品衛生管理の国際基準「HACCP(ハサップ)」の認証を取得できるようになる。
 京都市の中央卸売市場第一市場の新水産棟も、同様の施設となる予定だ。豊洲が活路を開き、後続の施設にも生かされることを期待したい。
 豊洲開業と同時に、築地では解体工事が始まる。跡地は、東京五輪の車両基地などに使われる予定だが、その後の具体的な活用策は決まっていない。これは、都に残された課題であろう。


コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて