main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

陸奥新報/2017/6/17 12:05
http://www.mutusinpou.co.jp/index.php?cat=2&死亡率ワースト1位「改善へ一層の意識改革を」

死亡率ワースト1位「改善へ一層の意識改革を」

 またしてもショッキングなデータが明らかになった。厚生労働省が公表した2015年の人口10万人当たりの都道府県別年齢調整死亡率は、男女ともに本県が最も高い結果となった。
 全国ワーストとなるのは男性は4回連続、女性は2回連続となる。男性は、阪神・淡路大震災で被災した兵庫に次ぐ2位となった1995年を除くと、75年からのワーストとなる。
 県を挙げて短命県返上に取り組む中で、対策がすぐに結果に表れないことは承知の上だが、不名誉な結果はやはり残念でならない。死亡率改善に向けた各種施策の継続・強化を図ると同時に、改めて県民一人ひとりが日ごろの生活習慣を見直し、健康づくりに努めたい。
 年齢調整死亡率は、60年から5年ごとに公表しており、15年の全国平均は男女とも全ての都道府県で前回を下回った。本県も前回に比べると改善傾向にあるものの、全国的に死亡率が低下している中で、ワーストから脱することができないのが現状だ。
 死因別では、本県は依然として、がんが男女ともワーストとなり、脳血管疾患が男性でワースト、女性はワースト3位と高い傾向にある。一方、全国的に死亡率が最も低かったのは、前回に続き男女とも長野となっている。
 今回の結果に、県は「喫煙や肥満など悪い生活習慣の積み重ねが主な原因」と指摘し「生活習慣が改善されても、すぐに結果は出ない。地道に対策を続けていきたい」としている。
 今やすっかり「長寿県」のイメージが定着した長野だが、かつては脳卒中による死亡が目立った。そこで80年代になって関係者が協力して減塩を呼び掛ける活動を始め、積極的に野菜を摂取するといった食生活の改善で肥満が減る効果も表れ、現在に至る。
 本県でも、短命県返上へ行政が各種施策を展開し、企業も対策を講じ始めている。児童生徒への健康教育も重視されてきた。弘前大学が拠点となって疾病の予兆・予防法確立に取り組む大プロジェクトが展開されるなど、健康寿命延伸を目指すための環境は整いつつある。
 あとは、県民の意識改革だ。これが簡単なようで最も難しいが、死亡率の改善には欠かせない最重要課題である。
 県が発表した県健康増進計画の進捗(しんちょく)状況によると、肥満傾向にある子どもの割合や妊婦の飲酒・喫煙割合など20項目が改善しており、少しずつではあるが対策の効果は出始めているようだ。一方で、過度の飲酒や運動習慣の割合などが悪化しており、これらは対策を一層強化する必要がある。
 いずれにしても地道に継続して取り組みを進めることによって成果が表れてくるはずだ。県民が健康で豊かな人生を送れる地域づくりに引き続き努めたい。


コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて