main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

京都新聞/2013/5/9 10:05
http://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/20130509_4.html

米韓首脳会談/日本は結束に水差すな

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が訪米し、オバマ大統領と会談した。ミサイル発射や核実験をちらつかせるなどの北朝鮮の挑発行為を容認しないことで一致した。

 今年は朝鮮戦争の休戦協定と、再発の抑止力として結ばれた米韓相互防衛条約(米韓同盟)の締結から60年の節目にあたる。

 しかし半島分断という不幸な現実が続くばかりか、北朝鮮は3月に休戦協定の「白紙化」を一方的に宣言するなど、武力衝突の危険は消え去っていない。会談で、米韓が機密情報の共有や防衛協力の強化を打ち出したことは当然だ。

 韓国初の女性大統領に就任した朴氏は、北朝鮮に圧力をかけつつも、影響力のある中国などと連携し、対話や人道支援を通じて緊張緩和を目指すとする。韓国の国民感情に沿った政策といえよう。

 ただこの路線は、北朝鮮が非核化に応じ、挑発行為をやめることが先とする日米の立場と微妙に食い違い、会談でも温度差がにじみ出た。北朝鮮に一致して当たれるかどうか不安材料を残した。

 3国の結束をきしませるもう一つの要因は、歴史認識や竹島をめぐる日韓の溝の深まりだ。朴氏は会談で「日本は正しい歴史認識を持つべきだ」と訴えた。オバマ氏の反応は伝わっていないが、日韓のぎくしゃくした関係に困惑しているのではないか。

 日韓双方の国民感情も悪化している。民間団体による今春の調査では、相手国に良くない印象を持つ人が日本で37%、韓国では77%にも達した。保守色の強い安倍晋三内閣の登場が背景にある。

 安倍首相は国会で最近、植民地支配と侵略を謝罪した1995年の村山談話について「そのまま継承しているわけではない」「侵略の定義は定まっていない」と耳を疑う答弁を繰り返し、韓国内ばかりか米有力紙からも「歴史を直視していない」と批判を浴びた。日本の立場は浮き上がるばかりだ。

 第2次世界大戦での日本の侵略行為については、東京裁判で国際的評価が定まっているという事実から目をそらしてはならない。安倍首相が関係を最重要視する米国は裁判の主導国であり、歴史の「修正」を受け入れるはずもない。

 日米韓の絆を強め、中国との関係を改善し、アジア・太平洋地域との貿易を振興することは日本の繁栄にとって不可欠だ。その障害となる「歴史認識」にこだわることが国益にかなうのかどうか。

 新しい経済政策アベノミクスが順調に滑り出し、環太平洋連携協定(TPP)の交渉入りを控える時期でもある。安倍政権には冷静な価値判断を求めたい。


コメント一覧


Re: 米韓首脳会談/日本は結束に水差すな
まっとうな議論。ネウヨはアレルギー起こすだろうけど。

投票数:3 平均点:10.00


bluewhale  投稿日時 2013/5/11 16:53

 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて