main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

福島民友/2021/1/14 8:05
https://www.minyu-net.com/shasetsu/shasetsu/FM20210114-576110.php

新型コロナ・ステージ3相当/急拡大阻止へ今が瀬戸際だ

 新型コロナウイルスの感染拡大は危機的な状況にある。今、食い止めなければ医療体制は崩壊しかねない。県民挙げて乗り越えていくことが重要だ。
 内堀雅雄知事はおととい、県内の感染状況を、感染者がだんだん増える「ステージ2」から、急増を示す「ステージ3相当」に実質的に引き上げた。来月7日まで緊急対策期間とし、県内全域で接待や酒類を提供する飲食店などに営業時間の短縮、県民に不要不急の外出自粛を要請した。
 今月に入り、これまで感染者が最多だった12月を上回るペースで推移、感染状況を示す六つの指標のうち、三つがステージ3を超えている。県によると今月確認された感染者のうち、約2割は飲食店利用に関連した感染とみられる。
 時短対象となる飲食店は8000店を超す。協力金の支給があるとはいえ、経営面などへの影響は避けられない。大きな痛みを伴うが、今が感染の急拡大を抑えられるかどうかの瀬戸際だ。
 県民には、特に午後8時以降の外出自粛の徹底を求めている。飲食店と利用する側の双方で、人との接触機会を減らす努力を積み重ねていくことが大切となる。
 県内の半数以上の市町村で昨年12月以降、新たな感染者が確認されている。帰省や旅行がきっかけで家族などに感染が広がった事例もあり、県は緊急事態宣言の対象地域と、感染が拡大する地域との往来自粛も要請している。
 新型コロナは感染に気付かないまま、人にうつしてしまう恐れがある。人ごとではなく、自分ごとと捉え行動することが欠かせない。もう一度、人との距離を強く意識してほしい。
 病床使用率は60%台で、爆発的な感染拡大を指す「ステージ4」の指標すら超えている。歯止めをかけなければベッドが確保できず、すぐに必要な治療を受けられなくなる恐れがある。通常の診療体制も圧迫しかねない。
 県は感染拡大を想定し、病床や宿泊療養施設など、医療体制の拡充に全力を尽くしてもらいたい。
 菅義偉首相はきのう、栃木、愛知、大阪、福岡など7府県に、新型コロナ特措法に基づく緊急事態宣言を再発令した。先に出された首都圏4都県と合わせ、対象は計11都府県に拡大された。
 本県は対象外―と感染防止の手が緩んではいけない。特に栃木は隣接県だ。県アドバイザーの金光敬二福島医大教授は「福島も首都圏も状況は同じ」と強調する。首都圏並みの県の要請を、緊張感を持って受け止める必要がある。


コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて