main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

陸奥新報/2020/11/21 10:05
http://www.mutusinpou.co.jp/index.php?cat=2&感染急増中の3連休「万全の対策と慎重な行動を」

感染急増中の3連休「万全の対策と慎重な行動を」

 新型コロナウイルスの新規感染者が各地で過去最多を更新し続け、20日には全国で3日連続の2000人超となった。感染は急激に拡大しており、増加が顕著な都道府県は危機感を募らせている。専門家は「人の移動の増加」が影響していると判断し、きょう21日スタートの3連休を正念場とみる。政府の対策本部は新型コロナの対策分科会からの提言を踏まえ、21日に需要喚起策「Go To」キャンペーンの在り方を含め議論するが、3連休については国民一人ひとりの行動に託された格好だ。幸い本県ではこの3日間、新規感染者は確認されていないが、それにより感染リスクを高める「気の緩み」が生じていないか、全県民に問いたい。
 新型コロナは今夏の「第2波」後に、収束の兆しが見え始めたように思えた。ところが11月に入ると全国で感染者が増加。しかも1日当たりの新規感染者は「第2波」を上回っており、19日に開かれた厚生労働省の専門家会議「アドバイザリーボード」は、「爆発的感染」に懸念を示した。
 感染増が顕著な地域に北海道、首都圏、関西圏、中部圏を挙げ、特に北海道について「札幌市を中心に病床が逼迫(ひっぱく)し、調整が困難になるなど厳しい状況」とし、「行動制限などの強い対策」の必要性に言及した。「Go To トラベル」には触れていないが、人の移動増加が拡大の要因と指摘しており、キャンペーンが人の移動を後押しすることで、感染者増や医療崩壊を招きかねないと示唆したものと受け止められる。
 一方、20日の分科会は国民に「最大限の警戒」を要請するとともに、政府が継続方針を示してきた「Go To」キャンペーンについて、感染拡大地域の除外などを含む提言をまとめた。この日は東京都医師会の尾崎治夫会長も臨時会見を開き、「一時中断」を主張した。
 感染者が増え続ける北海道は、札幌市や函館市といった観光スポット、新鮮な魚介類をはじめとする食など、魅力的コンテンツが豊富で、感染拡大前には海外からも多くの観光客を集めた。本県にとっても北海道新幹線やフェリーなどを使えば比較的気軽に旅行できることから、感染者が多い首都圏などへの旅行を控えてきた人の中には、北海道に目を向けていた人も少なくないだろう。
 「コロナ倒産」が相次ぐなど、経済再建は急務であり「Go To」キャンペーンの効果を期待するが、爆発的感染の引き金を内在していることを忘れてはならない。菅義偉首相が出席する対策本部の会合では、分科会の提言を踏まえた取り組みを協議する。専門家が抱く懸念にどう対応するか注目される。われわれ国民の責任も大きい。楽しいはずの3連休を後悔の3日間にせぬよう、最大限の警戒と慎重な行動が求められている。


コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて