main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

産經新聞/2013/5/11 6:00
http://sankei.jp.msn.com/column/topicslist/../../politics/news/130511/plc13051103150006-n1.htm

憲法96条改正/国民の判断を信頼したい

 憲法96条が定める改正の発議要件を緩和せず、現行の衆参両院の「3分の2以上」のままにするという意見が提起されている。

 これは憲法改正を求める多くの国民の意向をないがしろにし、現実離れした「不磨の大典」を守り抜く硬直的な姿勢と言わざるを得ない。

 「3分の2以上」の条件を必要とする米国が制定以来18回、さらに戦後のドイツが59回の改正を重ねていることを、96条改正反対の理由としている向きがあるが、いずれも国民投票を求められていないことを指摘したい。

 国民投票で過半数の賛成を得るというのが、いかに重い条項であるかを認識すべきだ。

 現行憲法があまりにも現実と乖離(かいり)していることは、周辺情勢を見れば明らかだ。尖閣諸島の奪取に動く中国や、日本への攻撃予告までする北朝鮮を前にしてなお、自らの安全と生存を「平和を愛する諸国民」に委ねるとしている前文が、そのことを象徴している。

 制定以来、改正が行われていない成文憲法として世界最古であることも、内外の多くの問題への処方箋を示せなくなっている現状につながっている。

 衆院の憲法審査会では、自民、維新の会、みんなが96条改正に賛同し、公明、民主が96条の先行改正に慎重な姿勢だった。共産、生活は反対の立場を表明した。

 自民党が「衆参のいずれか一院で3分の1超が反対すれば改正は発議できず、憲法に国民の意思が反映されなくなる」と主張したように、「3分の2の壁」が憲法改正を阻止していることが問題なのである。

 発議要件を「過半数」に引き下げることで、改正への民意をくみとることができるという考えは極めて妥当なものだ。

 これに対し、慎重派や反対派は「時の政権によって憲法が簡単に変えられることになる」と強調したが、こうした主張は憲法改正の可否が最終的には国民投票で決せられる点を無視している。

 民主党などが「改正の中身の議論が欠かせない」と指摘するのもおかしい。自民党は改正草案で「天皇は元首」「国防軍の保持」など具体案を示している。議論を欠いているのは民主党である。

 国民が憲法を自らの手に取り戻すため、発議を阻んでいる壁を取り除かなければならない。


コメント一覧


Re: 憲法96条改正/国民の判断を信頼したい
>いずれも国民投票を求められていないことを指摘したい。
 
ということは、日本の憲法が国家権力の暴走を防ぐ安全装置としては米国やドイツよりも上ってことやん?
 
 
>現行憲法があまりにも現実と乖離(かいり)している...
 
憲法や法律を現実に合わせて変えるっていうのはナンセンスでしょ?
たとえば今問題になってる原発の汚染水は放射性物質の排出基準があるから海に流せないわけで、じゃぁこの排出基準を現実に合わせて変えるのか、って話。
 
 
>自らの安全と生存を「平和を愛する諸国民」に委ねるとしている前文が...
 
委ねて何もしないってんじゃないでしょ?
平和のためにそういう信頼関係を積極的に築こうってことでしょ。

投票数:0 平均点:0.00


Tomy_Yang  投稿日時 2013/5/11 17:09

 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて