main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

読売新聞/2020/1/17 6:00
https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20200116-OYT1T50336/

訪日客伸び鈍化/五輪をテコに再加速したい

 2020年東京五輪・パラリンピックを機に、訪日外国人客の伸びを再加速させたい。
 19年の訪日客数は3188万人と、前年比で2・2%増えた。7年連続で過去最高を更新したが、増加率は18年の8・7%から大幅に鈍化した。日韓関係の悪化による韓国人客の減少が響いた。
 政府は20年に4000万人とする目標を掲げる。達成には、25%超の伸びが必要だ。官民挙げて「もう一工夫」したい。
 国・地域別では、中国、台湾、韓国、香港を中心にアジアからの訪日客が8割程度を占める。欧米などの客も増やし、地域的なバランスを取ることが望ましい。
 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会では、期間中に英国、ニュージーランドなど参加国から大勢の観戦客が訪れた。五輪はさらに参加国が多い。このチャンスを生かさない手はない。
 課題の一つは、夜も観光を楽しめるナイトタイムエコノミー(夜間経済)の充実だ。博物館や美術館、観光施設は閉館が早い。夜のイベントも海外より見劣りし、訪日客に不満が強いという。
 世界主要都市の夜間経済は、ロンドンで約3・7兆円、ニューヨークは約2・1兆円の規模に達する。オペラやミュージカルを始め、夜の楽しみに事欠かない。
 政府は20年に訪日客の消費を8兆円にする目標を示しているが、18年は4・5兆円だ。夜の観光充実で消費拡大が期待できよう。
 政府は、博物館などの開館時間の延長を促すほか、夜間のライトアップやイベントなどを補助金で支援する。国土交通省と大阪メトロは、訪日客らの需要を調べるため、終電を午前2時台まで延長する実証実験を行う。
 地方では、地場産品を売りにする飲食店巡りを企画するなど、地域ぐるみの活動が有効だろう。
 時間がかかると不評な出入国手続きも改善の余地がある。空港の入国審査について、政府は顔認証ゲートの設置などで待ち時間を20分以内にすることを目指す。テロ対策に万全を期しつつ、最新技術を駆使して利便性を高めたい。
 宿泊施設の不足が懸念される五輪では、開催期間中に限り観光客の民家への宿泊を認める「イベント民泊」の活用が注目されている。ラグビーW杯でも4会場周辺で実施され、外国人が利用した。
 政府は要件を緩め、住民と外国人が交流するホームステイ型の民泊を広げる意向だ。円滑に進むようPRに努めてほしい。


コメント一覧


 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて