main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

北海道新聞/2016/7/4 10:00
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/editorial/2-0066452.html

ダッカ襲撃テロ/卑劣な犯行を許さない

 今度はバングラデシュで外国人を狙ったテロが起き、多数の日本人が巻き添えになった。卑劣極まりない犯行は断じて許せない。
 武装集団が首都ダッカの飲食店を襲い、多数の客を人質に取って立てこもった。治安部隊が突入し銃撃戦の末、制圧した。
 国際協力機構(JICA)の開発支援事業に関わる邦人技術者7人を含む人質20人が殺害され、警官2人も死亡した。実行犯6人は射殺され、1人が拘束された。
 突入作戦で13人が救出された。一方、バングラデシュ政府は日本人7人は突入前に殺害されていたと説明しているという。
 だが銃撃戦で死傷者は出なかったのか、そもそも突入以外に選択肢はなかったのか。ハシナ政権はその検証を含め、事件の全容について詳細に説明すべきである。
 過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出したが、不明な点も多い。犯人の特定や犯行動機の解明なども急いでほしい。
 トルコの国際空港でISの関与が指摘される自爆テロが起きたばかりだ。ISやその共鳴者はテロ拡散を狙っている。国際社会はテロネットワークの壊滅に向けて連携を強化すべきである。
 事件は日本大使館も近い外交・商業施設が集まる地区で起きた。イスラム教の休日、金曜の夜で店内は大勢の客でにぎわっていた。
 日本人犠牲者は男性5人、女性2人で、男性1人が救出された。亡くなった小笠原公洋さん(56)は北大で学んだ。7人は途上国の発展に努めながら人生を突然奪われ、さぞ無念だったに違いない。
 犯人たちはバングラデシュ政府を動揺させるため、外国人を狙ったのだろう。同国ではイスラム過激派による外国人襲撃が頻発している。昨秋は日本人男性が殺害され、ISが犯行声明を出した。
 だがハシナ首相は「国内にISはいない」と述べている。テロ対策への遅れが指摘される一方、政府批判をする野党幹部や活動家らを逮捕し、政治弾圧だと批判されていた。
 強権政治がテロを生む土壌になっていたのではないか。
 途上国支援は日本の国際貢献の主柱であり、バングラデシュには日本企業も多数進出している。政府は危険情報をどの程度把握していたか明らかにすべきである。
 今回、アジアでもテロの脅威が増大している現状があらためて表面化した。政府は在留邦人の安全対策に向けて一層の努力を重ねてもらいたい。


コメント一覧


Re: ダッカ襲撃テロ/卑劣な犯行を許さない
題名が「ダッカ襲撃テロ/卑劣な犯行を許さない」
で社説として
国際社会はテロネットワークの壊滅に向けて連携の強化をすべきである。
すでにやっていることである。しかも連携の強化というあいまいな言葉で、さも立派な意見を書いているように見せているが、社説とは絵に描いた餅ではないのだからもっと具体っ性がなければならないと思う。
最後のほうに、「政府は危険情報をどの程度把握していたか明らかにすべきである。」「政府は在留邦人の安全対策に向けて一層の努力を重ねてもらいたい。」
またも具体性がなく、今度は政府に丸投げである。
「卑劣な犯行を許さない。」という題を見た時わくわくしたが最後まで読んで失望しました。
「ペンは剣よりもつよし」ということばがあるが、その言葉が通じない相手に具体的にどう戦うのかを論じてほしい。

投票数:0 平均点:0.00


masahiro  投稿日時 2016/7/4 18:42

 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて