main menu
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
OpenIDログイン

OpenIDを入力

mixi Yahoo! JAPAN Google BIGLOBE はてな livedoor エキサイト docomo ID

ツッCOM

切り抜き詳細

産經新聞/2013/10/24 6:00
http://sankei.jp.msn.com/column/topicslist/../../affairs/news/131024/dst13102403340002-n1.htm

IAEA提言/ゼロリスク幻想払拭せよ

 東京電力福島第1原子力発電所事故に伴う除染をめぐり、国際原子力機関(IAEA)の調査団は、日本政府が長期目標として掲げる追加被曝(ひばく)線量の「年間1ミリシーベルト以下」という数値に「必ずしもこだわる必要はない」との見解を示した。

 現実的な目標を定めて除染作業と復興を加速させることは、政府と原子力規制委員会の責務である。

 「1ミリシーベルト」という目標値が厳しすぎるという批判は、国内でも出ていた。被災者の帰還の遅れや農水産物の風評被害の根本原因になっている側面もある。

 IAEA調査団の見解は、非現実的な目標が復興の妨げになる弊害を、外部の客観的な視点から指摘したものといえる。

 調査団長のフアン・カルロス・レンティッホ氏は記者会見で「除染への期待と現実のギャップを埋める必要がある」と語った。

 現実的な目標値は「国際的な基準である年間1~20ミリシーベルトの範囲内で、利益と負担のバランスを考え、地域住民の合意を得て決めるべきだ」と助言するとともに、「1ミリシーベルトは除染だけで短期間に達成できるものではないことも、もっと住民に説明すべきだ」と述べている。

 もっともな指摘、助言である。政府と原子力規制委は、説明責任を十分に果たしてこなかったことを、重く受け止めるべきだ。

 「1ミリシーベルト」は、原状回復を願う住民の心情に配慮した長期的な目標であって、これを超えると健康被害が生じるというような安全性の基準値ではない。人体への影響を考える場合は、100ミリシーベルトを年間被曝線量の目安とするのが一般的である。

 政府が帰還の目安としている20ミリシーベルトは、国際基準に沿った線引きだが、「1ミリシーベルトに下がるまで帰れない」といった避難住民の声も聞かれる。

 こうした住民意識の背景には、「原発や放射線のリスクは、一切あってはならない」というゼロリスク幻想がある。民主党政権の「原発ゼロ」政策が生んだ負の遺産である。

 自民党政権になって原発ゼロ政策は撤回したが、長期的なエネルギー政策や原発の位置づけは、いまだに明確にしていない。

 提言は原子力と正しく向き合うことを、日本政府と国民に求めているのではないか。


コメント一覧


Re: IAEA提言/ゼロリスク幻想払拭せよ
>ゼロリスク幻想払拭せよ
 
同じ事は国防についても言えるはず。
 
集団的自衛権行使など軍事力にこだわるのもゼロリスク幻想だ。

投票数:0 平均点:0.00


Tomy_Yang  投稿日時 2013/10/26 18:22

 

 

©太陽と風と水, 2011/ info@3coco.org  本サイトについて